税金の全て|会社で起業する際に納めるべき税金についてご紹介

企業における税金の知識の重要性

多くある企業にかかる税金

 

現在企業にお勤めされているあなたがもし起業をするとなった場合、一番に考えなくてはならないことは「税金」です。

 

税金は企業を運営する上で欠かせないお金になり、経営者ともなれば「然るべき場所にお金を支払う方法」を熟知しておく必要があります。

 

起業する上で大切な事として「起業の資金を集める方法」ということも挙げられます。

 

こちらの場合は比較的調達する手段としては幅広く、投資や融資を受けずと、現在勤めている会社で稼いだお金を元手に始めることも十分に可能であることから、あまり心配する必要はありません。

 

しかし「お金を支払う」ということは比較的考えたくないことでもあるので、ついつい後回しにしてしまいがちです。

 

そしてお金をもらう場合と比べてお金を支払うことに関しては、誰かが教えてくれるわけでもないのに適切な処理をしないと法に触れることもある非常に大切な手続きなのです。

 

なので起業を考える際には「支払わなければならないお金」である税金についてしっかり学ぶことが大切になります。

 

税金を学べる機会は少ないですが、一番身近な方法としては今お勤めの会社で税金の流れを学ぶことが何よりの経験値になるでしょう。

 

納税時期も把握しておこう!

 

税金は利益のどれくらいの割合納めなくてはいけない?

肝心の税金はいくら納めないといけないのか?という本題に戻りますが、「資本金が1億円以下で所得が800万円超の企業」が年間で納めなければいけない税金は会社の利益に対して約37%とされています。

 

会社が支払わなくてはならない約37%とされる税率は「法人実効税率」と言われています。

 

法人実効税率は「法人税」「地方法人税」「住民税」「事業税」の4項目を合わせると算出できる合計税率のことで、会社で計上された利益に対してほぼ全ての会社でかかる税金の割合になります。

 

起業をされる際は利益が出てもおよそ4割は税金として納めることを覚悟しておきましょう。

 

 

資本金1億円超の企業に関して

例外的にはなりますが、「資本金が1億円超の企業」は「外形標準課税適用法人」という総称で呼ばれており、「資本金が1億円以下の外形標準課税適用『外』法人」に比べ税率が約31%と低くなっています。

 

しかし企業当初から1億円の資本金を運用する会社は少なく、「外形標準課税適用『外』法人」も所得が800万円以下の場合は、法人税が大幅に減税されるなどのメリットがあることから、無理して資本金を多く用意することに必ずしもメリットがあるとは言えないと言えるので、あくまで参考までに覚えておいてください。

 

税金の役割

税金に助けられた夫婦

 

そもそも法人税や住民税といった企業にかかる税金はなぜ支払うのでしょうか?

 

もちろん「国民の義務」として税金は支払わなければなりません。

 

しかし、そもそも義務とは私たちが暮らす中で「いずれ私たちの生活を助けるためのお金」を守るために生まれました。

 

  • 医療費の補助
  • 公共施設の運営費
  • 年金の受給

などの国を運営する上で欠かせないお金は国民全員で補わなくてはなりません。

 

それは「誰のため」だけでなく「いざという時の自分のため」に賄わなければいけないお金です。

 

なので、「いつか稼げなくなった時のため」に、稼ぐことのできる人は「法人税」などを、まだ稼げない子供は消費税などで税金を払う必要があるのです。

 

納める税金の種類とその割合

企業には利益に対する税金の他に、場合によっては払わなければならない税金がいくつかあります。

 

企業形態によって保有する固定資産や従業員数が変わり、それを受けて支払うべき税金の金額が決定します。

 

多くの企業でかかる実効税率以外の項目における税金の種類

  • 消費税
  • 源泉所得税
  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 社会保険料

 

このような税金は、法人として機能しているほぼ全ての企業にかかる税金です。

 

自動車税や固定資産税など、事業によっては払うことが避けられない税金も多いことから、実効税率の37%に加えて多大な税金がかかる可能性があります。

 

なので上手に節税して、ある程度税金を減額できる運用を考える必要があります。

 

 

税金が払えない!そんなときは…

40%近い税率となる法人税に加え、社会保険料・固定資産税… と会社運営には様々な税金が掛かります。
「利益の半分以上は税金で持っていかれる」よく経営者の方がこのような発言をされますが、まったくその通りと言ってよいでしょう。

 

このような税率が要因となり、税額は高額になりがちです。
特に利益が出ていた翌年度に経営が落ち込むと税金支払が困難になることも珍しくありません。

 

さらに納税のために銀行から借入れをしようとしても審査が降りることはありません。
銀行から見れば貸付=投資となるため、納税のサポートをしてもリターンが見込めない…と判断するんでしょう。

 

納税対策にも使えるファクタリング

昨今注目を集める資金調達方法に「ファクタリング」というものがあります。
ファクタリングは未入金の売掛金を前倒しして現金化するという仕組みで、基本的に資金用途は問われません。
もちろん、現金化には相応の手数料が発生しますが、納税を遅延しても加算税が発生します。

 

「売掛金はあるが、手元に現金がない」「納税期限に間に合わない…」というケースではファクタリング利用も積極的に検討してみるとよいでしょう。
ファクタリングの仕組みや有名ファクタリング会社は次のサイトを参照ください。

 

https://www.carinavi.org

 

 

企業にかかる税金の確認を

税金の勉強をしている男性

 

多くの場合、起業となれば実効税率だけで37%もの税率を請求されます

 

その他にもかかる可能性のある税金の多さから、起業の際には税金について今のうちからしっかり学ぶことが大切になるでしょう。

 

「決算・確定申告」も必須の知識!

ページの先頭へ戻る